アウロラ債権回収から「法的手続申立予告通知書」が届いた場合の対処法

アウロラ債権回収から「法的手続申立予告通知書」が届いたら

アウロラ債権回収とは

アウロラ債権回収から請求が来ても聞いたことがない会社だと思うかもしれません。そもそも、債権回収会社から請求が来る場合、もともとの借入先はまったく別の会社です。

アウロラ債権回収の場合、元の借入先がCFJ(アイク、ディック、ユニマット)イオンクレジットサービスの借入れであることが多いです。

これらの原債権者から合同会社エムシーフォ―、エム・テー・ケー債権管理回収株式会社、ジュピター合同会社などに債権が譲渡されて、最終的にアウロラ債権回収から請求が来ることがあります。

時効かどうかをチェックする

アウロラ債権回収のような債権回収業者から請求が来るような借金は、すでに何年も滞納されていることが少なくありません。そういった場合は時効期間を経過しているかどうかをチェックします。

借金は最後の返済から5年以上の経過で時効の可能性が出てきますが、アウロラ債権回収からの請求の場合は、この5年の時効期間を経過している場合がほとんどです。

アウロラ債権回収の請求書には「遅延損害金」の記載がありますが、ここの金額が元金よりも多額になっているような場合は時効の可能性があります。

なお、明細欄に「期限の利益喪失日」という項目がありますが、この日付が債権譲渡日と同じ日になっていてあてにならない場合があります。

そのような場合は、期限の利益喪失日が5年以内の日付であっても、ご自分の記憶で5年以上返済をしていないのであれば時効の可能性があります。

電話は要注意

時効の可能性がある場合は、アウロラ債権回収に電話をしないようにしてください。

もし、時効の可能性があるにもかかわらず、電話で減額のお願いをしたり、分割返済の交渉をすると債務の承認となって時効が中断するおそれがあります。

ただし、時効のことを知らないまま、訳も分からずにアウロラ債権回収に電話をしてしまったような場合であっても、必ずしも時効がダメになるとは言い切れない場合があるので、まずは当事務所までご相談ください。

時効がリセットしてしまう行為

☑ 電話で分割返済の申し入れをする

☑ 借金の一部を支払ってしまう

☑ 和解書や合意書を取り交わす

時効の手続き

アウロラ債権回収からの請求はすでに5年の時効期間が経過している場合が多いですが、だからといってそのまま請求を放置していても解決しません。

借金の時効は5年経過すれば自動的に成立するものではなく、内容証明郵便などの書面で時効の通知を送る必要があるからです。これを時効の援用手続きといいます。

つまり、借金は5年以上返済をしていなくても、時効の援用手続きを取らない限りは支払い義務がなくならず、アウロラ債権回収からの請求も止まらないということです。

なお、時効の援用をせずに請求を放置していると、実際に家まで取り立てに来たり、裁判を起こされることがあるので、その点からも早めの手続きが重要です。

ご依頼された場合

アウロラ債権回収は国の許可を受けたうえで借金の回収を専門におこなっている会社です。つまり、借金の回収のプロです。よって、ご自分での対応にはリスクが伴います。

当事務所にご依頼された場合、時効の中断事由がない限りは確実に時効の援用をおこなうことで借金の支払い義務をなくします。

もし、すでに裁判所で判決などを取られていて時効の条件を満たしていないような場合は、そのまま和解交渉に移行することもできます。

ご依頼されるメリット

☑ アウロラ債権回収からの直接請求が止まる

☑ 時効中断事由がない限り確実に時効の援用をしてもらえる

☑ 時効の条件を満たしていなければ和解交渉も可能

遠方にお住いのため当事務所までお越し頂くことができない場合は内容証明作成サービスでの対応となります。

こちらのサービスであっても時効の中断がない限りは時効を成立させることができるので、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アウロラ債権回収への時効実績も豊富です。

アウロラ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら