ジャックス → アビリオ債権回収

アビリオ債権回収から「催告書」が届いた場合の対処法

アビリオ債権回収とは

ジャックスには同じグループ会社でジャックス債権回収サービスという会社があります。よって、ジャックスからアビリオ債権回収に譲渡されているケースはそれほど多くありません。

ただし、中にはジャックスからアビリオ債権回収に債権が譲渡されて、アビリオから「催告書」が届く場合があります。

アビリオ債権回収は、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の子会社です。なお、債権回収会社は借金の回収を専門におこなっている会社で、サービサーとも呼ばれています。

時効かどうかの確認方法

借金は5年以上返済をしていないと時効になる可能性があります。よって、ジャックスの借金を5年以上滞納しているような場合は、アビリオ債権回収から請求されても支払う必要がない場合があります。

もし、催告書に「支払期日」「期限の利益喪失日」等の記載があれば、その日付が5年以上前か確認します。

これらの記載がなければジャックスからアビリオ債権回収へ債権が譲渡された「譲受日」が5年以上前かどうかチェックします。

また、損害金が元金以上になっている場合も長期間返済をしていないということなので時効の可能性があります。

時効の援用方法

時効を成立させるには、内容証明郵便などの書面で時効の通知をアビリオ債権回収に送る必要があります。5年以上払っていないからといって請求を放置しているだけでは時効は成立しません。

放置していると時効が成立しないばかりか、アビリオ債権回収から裁判所に訴えを起こされる危険性が出てきます。よって、時効の可能性がある場合は速やかに時効の手続きをおこなってください。

電話は要注意

最後の返済から5年未満で時効ではないことが明らかな場合は、アビリオ債権回収に電話をしても問題ありませんが、時効の可能性があるような場合は電話をするのは控えてください。

5年の時効期間が経過していても、電話をして返済の意思を相手に伝えてしまうと債務の承認となって時効が中断するおそれがあります。

ただし、電話で話をしてしまったからといって、必ずしも時効が中断するとは言い切れない場合もあります。当事務所にご相談される方の中にも事前に電話をしてしまっている方が少なくありません。

そういった場合でも、まだ時効を成立させることができる可能性がありますので、電話をしてしまっている場合であっても、まずはご相談ください。

時効を中断させる行為

 借金の一部返済する

☑ 示談書や和解書の取り交わしをする

☑ 電話で返済条件などの話をする

当事務所にご依頼された場合

千葉いなげ司法書士事務所にご依頼された場合、アビリオ債権回収からの直接請求が止まります(ただし、損害金を除いた元金が140万円以下の借金に限ります)。

そのうえで時効の中断事由があるかどうかを調査し、時効の条件を満たしていれば当事務所が確実に時効の手続きをおこないます。

これに対して、最後の返済から5年未満だったり、すでに裁判所で判決を取られていしまっていて時効が成立しない場合は、そのままアビリオ債権回収との分割和解交渉に移行できます。

もし、当事務所にご来所することができない場合は、内容証明作成サービスでのご対応となります。こちらの手続きであっても、時効の条件を満たしていれば借金の支払い義務がなくなります。

ご依頼されるメリット

☑ 時効の条件を満たしていれば確実に時効の援用をしてもらえる

☑ 時効ではない場合は分割返済の和解交渉をしてもらえる

☑ 依頼後すぐに本人への直接請求を止めてもらえる

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アビリオ債権回収への時効実績も豊富です。

アビリオ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら