ココリスから支払督促が届いた場合の対処法

裁判所からココリスの支払督促が届いた場合の対処法

ココリスとは

有限会社ココリスは札幌市の貸金業者です。直接、ココリスから借り入れをした覚えがなくても、債権を譲り受けたココリスから請求を受けることがあります。

もとは株式会社アルファからの借入れであっても、債権が原債権者であるアルファから株式会社SHインベストメントに譲渡され、ココリスに再譲渡されているケースがあります。

また、裁判所に支払督促を起こされる前にココリスから「任意和解のご提案」というタイトルで請求を受けることがあります。

時効の可能性をチェックする

借金は5年以上返済をしていないと時効になる可能性があります。ただし、すでに裁判所で判決を取られてしまっていると、判決を取られてから時効が10年延長されます。

請求書に記載されている残債務額の内訳で元金よりも損害金の方が多額になっているような場合は5年以上返済をしていない可能性が高いです。

また、ご自身の記憶で5年以上返済をされていないような場合も時効の可能性があります。時効が成立した場合は残元金だけではなく、損害金についても一切支払う必要がありません。

もし、損害金が元金以上に膨れ上がっていても、すべての支払い義務がなくなります。よって、ココリスから請求を受けた場合は、まずは時効の可能性があるかどうかを確認してください。

支払督促が届いたら

ご自分がお住いの地元の簡易裁判所から支払督促が届いた場合は放置してはいけません。たとえ、最後の返済から5年以上経過していても、支払督促を放置してしまうと相手の請求が認めらてしまいます。

裁判所から送られてくる支払督促には督促異議申立書という書類が同封されているので、支払督促を受け取ってから2週間以内に裁判所に提出する必要があります。

なお、時効の可能性がある場合に分割払いを希望してしまうと、債務の承認となって時効が中断するおそれがあるのでご注意ください。

異議申立書を提出すると、支払督促から通常の裁判手続きに移行します。場合によってはココリスが支払督促を取り下げてくることもあります。

にわか知識で対応するにはリスクがありますので、ご自分での対応に不安がある場合はまずは当事務所までご相談ください。

時効の中断に注意

時効の可能性があるにもかかわらず、電話で返済の話をしてしまうと債務の承認となって時効が中断するおそれがあるのでご注意ください。

以下に時効が中断するおそれがある代表的な行為を挙げておきます。

時効が中断する行為

☑ 借金の一部を返済する

☑ 電話で返済の話をする

☑ 和解書・示談書を取り交わす

ただし、いきなり請求を受けて、訳も分からないまま電話をかけてしまい、今後の返済について話をしたような場合は、必ずしも時効が中断するとは言い切れないので、まずは諦めずにご相談ください。

司法書士に依頼した場合

当事務所にご依頼された場合、支払督促の手続きを含めてすべてお任せ頂けます(ただし、損害金を除いた元金が140万円以下の借金に限ります)。

もし、時効の条件を満たしていれば、司法書士が確実に時効の援用をおこないます。また、ココリスからの直接請求も止まります。主なメリットは以下のとおりです。

司法書士にお願いするメリット

☑ ココリスからの直接請求が止まる

☑ 条件を満たしていれば確実に時効の援用をしてくれる

☑ 支払督促の対応も可能

遠方の方は内容証明作成サービスで対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、時効実績も豊富です。

ココリスから請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

業者別の対応

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら