アウロラ債権回収の債権譲渡通知書 兼 債権譲受通知書

アウロラ債権回収から窓口変更のお知らせが届いた場合の対処法

債権回収業務委託通知 兼 受託通知が届いたら

債権回収会社(サービサー)は、借金の回収を専門におこなっている会社です。大昔の借金を放置していると、債権回収会社から請求を受けることがあります。

今回はタイヘイの借金を滞納していた事例です。以下のような変遷を経て最終的にアウロラ債権回収から請求書が届くようになったケースです。

タイヘイ → エイアイシー債権回収 → SKトラストパートナーズ → アウロラ債権回収

上記のケースでは、債権回収会社が2社関与しています。このように債権回収会社から他の債権回収会社へ転々と譲渡されることがあります。

時効の可能性が高い

借金の時効は最後の返済から5年以上というのが条件ですが、転々と譲渡されている場合は最終返済から10年以上経過している場合も珍しくありません。

返済していない期間が長ければ長いほど時効の可能性も高くなります。債権回収会社がさらに譲渡しているようなケースだと時効の可能性が高いといえます。

債務の承認に注意

5年の時効期間が経過している場合でも、アウロラ債権回収に電話をしてしまうと債務を承認したことになり時効が中断するおそれがあるのでご注意ください。

時効が中断する代表例は以下のとおりです。

時効の中断事由

☑ 一部返済する

☑ 和解書や回答書を返送する

☑ 電話で返済の話をする

一度、時効が中断してしまうと、それまでの時効期間がすべてご破算となります。一時停止という意味ではありませんので、くれぐれも債務承認に該当する行為をおこなわないようにしてください。

時効の援用

5年以上経過している場合でも放置していればよいというわけではありません。時効によって借金をなくすには内容証明郵便などで時効の通知を送る必要があります。

これを時効の援用といいます。

時効の援用手続きをすることで初めて借金の支払い義務がなくなります。言い換えれば、時効の援用をしない限り、いつまでたっても請求は止まらないということです。

アウロラ債権回収の場合、請求を放置していると自宅訪問をしてきたり、東京簡易裁判所から訴状が送られてくることがあります。よって、早めの対処が非常に大切です。

司法書士に依頼するメリット

司法書士にお願いすると、アウロラ債権回収から本人への直接請求を止めることができます。そのうえで、中断事由がない限りは確実に時効の援用をおこなってもらえます。

もし、中断事由の存在が判明したような場合でも、そのまま分割返済の和解交渉をお願いすることも可能です。その他にも借金があるような場合は自己破産に切り替えることもできます。

また、すでに訴えられている場合でも簡易裁判所の訴訟代理をお願いすることもできます。5年以上返済をしていなければ、司法書士が裁判上で時効の主張をおこないます。

千葉いなげ司法書士事務所にご依頼された場合は、すぐに受任通知を送って請求を止めます。これにより、直接請求や自宅訪問される心配がなくなります。

お一人で悩まずにまずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、アウロラ債権回収への時効実績も豊富です。

アウロラ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

無料来所相談のネット予約

無料メール相談

当事務所の消滅時効援用サービス

業者別の対応

アイアール債権回収

アイフル

アウロラ債権回収

アコム

アビリオ債権回収

アペンタクル

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

エムアールアイ債権回収

エムテーケー債権管理回収

エーシーエス債権管理回収

オリンポス債権回収

クレディア

子浩(しこう)法律事務所

シーエスジー

CFJ(アイク、ディック、ユニマット)

ティー・アンド・エス

ティーオーエム

ニッテレ債権回収

日本保証

パルティール債権回収

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら