裁判所から札幌債権回収の支払督促が届いた場合の対処法

札幌債権回収の支払督促

支払督促とは

裁判所から札幌債権回収の支払督促が届いた場合の対処法です。なお、札幌債権回収は国の許可を受けて借金の回収を専門におこなっている債権回収会社(サービサー)です。

支払督促というのは裁判手続きの一種で、債務者である借主の住所地を管轄する簡易裁判所でおこなわれます。よって、支払督促は借主の地元の簡易裁判所から送られてきます。

支払督促が届いた場合、2週間以内に異議を申し立てることができます。異議の申し立てがあった場合は通常の裁判手続きに移行します。

これに対して、異議を申し立てなかった場合は、書面審査のみで債権者である札幌債権回収の請求が認められてしまいますので、くれぐれも放置しないようにご注意ください。

よって、支払督促が届いた場合には、2週間以内に異議申立書を裁判所に提出する必要があります。

支払督促が届いても消滅時効の援用ができる

借金は5年以上返済をしていないと消滅時効によって支払い義務をなくせる可能性があります。これは支払督促が届いた場合も同様です。

札幌債権回収に限らず、5年の時効期間が経過した後でも支払督促を起こしてくるケースは決して珍しくはありません。

これは、消滅時効の制度を知らない債務者も多く、時効の主張をしないまま支払督促が確定するのを狙っているからです。

よって、すでに時効期間が経過している場合は、支払督促が届いた後でも消滅時効の援用をおこなう必要があるので、まずは時効の可能性があるかどうかを確認するようにしてください。

当事務所にご依頼された場合

ご自分で時効の援用をおこなうのが不安な方は当事務所にお任せください。ご依頼頂いた場合、時効の中断事由がない限り、当事務所が確実に時効の援用をおこないます。

もし、時効の条件を満たしていないことが判明した場合は、そのまま札幌債権回収との分割払いの和解交渉をおこなうことも可能です。

また、札幌債権回収からの直接請求が止まりますので、電話や書面による請求、自宅まで取り立てに来られる心配もなくなります。なお、支払督促の裁判手続きも当事務所がおこないます。

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所にお越し頂くことができない方

遠方にお住いのために当事務所にお越し頂くことができない方でも対応できます。その場合、裁判所から届いた支払督促をLINE、メール、FAXのいずれかの方法で送って頂きます。

当事務所が支払督促の内容を確認して時効の可能性があると判断した場合、当事務所が内容証明郵便の発送までを代行いたします。

また、異議申立書の書き方をお知らせしますので、そのとおりに記入して裁判所に提出して頂きます。時効が成立すると後日、裁判所から取下書が届きますので、これで時効の手続きはすべて完了です。

よって、当事務所にお越し頂くことが困難な方も、まずはお気軽にご相談ください。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、札幌債権回収への時効実績も豊富です。札幌債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら