CFJ → バント → 札幌債権回収

CFJ → バント → 札幌債権回収

札幌債権回収とは

CFJはかつて、アイク、ディック、ユニマットの名前で営業をしていました。これらの借入れを滞納していると、CFJから合同会社バントに債権が譲渡されることがあります。

その後、バントから札幌債権回収に再譲渡され、最終的に札幌債権回収から請求を受けることがあります。なお、債権回収会社は国の許可を受けて借金の回収を専門におこなっている会社です。

よって、架空請求の類ではありませんので、札幌債権回収から請求を受けたらきちんとした対応を取る必要があります。請求を放置していても何も解決しませんのでご注意ください。

時効の可能性を検討する

借金にも時効というものがあります。いわゆるサラ金業者からの借金は、最後に返済してから5年で時効になります。よって、長期間返済をしていない場合は時効かどうかを見極める必要があります。

請求書の【債権の表示】に「支払の催告にかかる債権の弁済期」という項目があれば、そこの日付を確認してください。もし、5年以上前の日付であれば時効の可能性があります。

時効の場合は残元金だけでなく、未収利息や未収損害金を含めて一切の支払い義務がなくなります。ただし、時効は請求を放置しているだけでは成立しません。

時効の援用手続き

時効によって借金を支払わなくてよくする手続きを時効の援用といいます。具体的には、内容証明郵便などの書面によって、札幌債権回収に時効の通知を送る必要があります。

時効の援用手続きをおこなわないと、いくら最後の返済から5年以上経過していても時効は成立しません。つまり、単に放置しているだけでは請求が止まることはないということです。

時効の中断に注意

時効の援用は書面でおこなう必要があるので、札幌債権回収に電話をする必要はありません。時効に気づかずに電話をしてしまい、返済の話をすると債務の承認となって時効が中断するおそれがあります。

時効が中断した場合、それまでの時効期間がリセットされてしまうのでご注意ください。リセットはそれまでの時効期間がゼロになることを意味します。単に時効が一時停止するわけではありません。

ただし、電話で話をした程度であれば、必ずしも債務の承認とはいえない場合もありますので、すでに電話をしてしまったような場合であっても、まずはご相談ください。

時効が中断する行為

☑ 電話で返済について話をする

☑ 借金の一部を返済する

☑ 和解書や示談書にサインする

当事務所にご依頼された場合

相手は借金の回収のプロです。よって、ご自分での対応に不安がある場合は当事務所にご相談ください。ご依頼頂いた場合、時効の中断事由の有無を調査したうえで、確実に時効の援用をおこないます。

もし、時効の条件を満たしていないような場合(すでに裁判所で判決などを取られてから10年以内の場合等)は、そのまま分割和解に切り替えることもできます。

ご依頼された場合のメリット

☑ 本人への直接請求が止まる

☑ 時効の条件を満たしていれば確実に時効の援用をしてもらえる

☑ 時効ではないことが判明した場合は、そのまま分割和解交渉に移行できる

※ 遠方の方でも内容証明作成サービスで対応可能ですのでお気軽にご相談ください

お問い合わせ

当事務所はこれまでに2000人を超える方の借金問題を解決しており、札幌債権回収への時効実績も豊富です。

札幌債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら