ジェーシービー(JCB)→ 子浩法律事務所

子浩法律事務所から請求された場合の対処法

子浩法律事務所から法的着手予告書が届いたら

ジェーシービー(JCB)の借金を滞納していると、回収業務の委託を受けた弁護士の子浩(しこう)法律事務所から「法的手続着手予告書」が届くことがあります。

そこには以下のような記載があります。

「先般来再三再四ご連絡申し上げておりますが、未だにご返済なく解決しておりません。当職は、下記期日までに指定口座宛ご返済がない限り、貴殿に対して法的手続きに着手せざるを得なくなり、以降は、裁判所においてお話し合いすることになりかねません。直ちに当職へ連絡されることを請求します」

要は、指定された期日までに入金しないと裁判を起こすという内容です。借りたお金は返さなければいけないのが大原則ですが、無条件に支払い義務があるというわけではありません。

消滅時効の可能性がある場合

ジェーシービー(JCB)の利用が5年未満であれば支払い義務があります。その場合は、子浩法律事務所に入金もしくは連絡した方がよいと思われます。

これに対して、滞納してからすでに5年以上が経過している場合は消滅時効の可能性があります。時効の場合は、遅延損害金だけでなく元金についても一切の支払い義務がなくなります。

もし、5年以上返済をおこなっておらず、時効の可能性があると思われる場合は、子浩法律事務所への入金だけでなく、連絡もしないでください。

電話で時効が中断する場合がある

5年の時効期間が経過しているにもかかわらず、それに気づかずに子浩法律事務所に電話をしてしまい、今後の返済については相談したり、減額のお願いをしてしまうと債務を承認したことになり、時効が中断してしまうことがあるのでご注意ください。

また、借金の一部をすでに振り込んでしまったような場合は確実に時効中断しますので、5年以上滞納している場合は安易に振り込みをしたり、電話をしないようにご注意ください。

時効の援用をおこなう

借金の消滅時効は5年の経過とともに自動的に成立するものではなく、内容証明郵便などの書面で時効の通知を送ることで初めて成立します。これを時効の援用といいます。

よって、5年以上滞納している借金の件で、子浩法律事務所から請求された場合は、すみやかに時効の援用をおこなってください。

消滅時効が成立することで借金の支払い義務がなくなり、その結果として子浩法律事務所からの請求もなくなります。

ご自分で手続できない方

時効の援用をするといっても相手は借金回収を専門におこなっている弁護士なので、ご自分で手続きをすることに不安を覚える方は少なくないと思われます。そういった方は当事務所にお任せください。

ご依頼された場合、子浩法律事務所からの直接請求が止まります。また、当事務所が時効の条件を満たしているかどうかを調査したうえで確実に時効の援用をおこないます。

もし、時効の条件を満たしていない場合は、そのまま当事務所が子浩法律事務所と分割和解の交渉をおこなうことも可能です。

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所にお越し頂けない方

遠方にお住まいであったり、お仕事などの関係で当事務所にお越し頂くことができない方からのご依頼もお受けできます。

その場合は、当事務所が内容証明郵便の発送までをおこなう内容証明作成サービスでの対応となりますが、時効の条件を満たしている限り、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって、消滅時効が成立するので借金の支払い義務がなくなります。

よって、遠方にお住まいの方もまずはお気軽にお問い合わせください。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、子浩法律事務所への時効実績も豊富です。

子浩法律事務所から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が2000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら