武富士 → パルティール債権回収

武富士の借金でパルティール債権回収から請求を受けたら

武富士からパルティール債権回収への債権譲渡

武富士(現:TFK株式会社)の借金を滞納していると、債権を譲り受けたパルティール債権回収から催告書などで請求を受けることがあります。

なお、武富士は平成22年に会社更生の申し立てをおこない、社名をTFKに変更しています。

よく、武富士の破綻が原因で振り込みができなくなって、借金がそのままになっていたら、10年近く経って突然、昔の借金の件でパルティール債権回収から請求が来たと相談を受けますが、これはパルティール債権回収が武富士(TFK)の債権を譲り受けているからです。

時効であれば支払う必要はない

催告書には「パルティール債権回収株式会社は、右記譲渡人が貴殿に対し有していた下記表示の債権を、平成○年○月○日で譲り受けております。先日よりご案内をしておりますが、お支払いがされておりませんので至急お支払いをお願い致します。貴殿にもご事情がおありとの事と存じますが、早い段階でお支払いいただきませんと時の経過により損害金が増加し、貴殿のご負担も大きくなります」と記載されています。

しかしながら、5年以上返済をおこなってい場合は消滅時効によって支払う必要がない場合もあります。なお、武富士の場合は滞納期間が5年以上である場合がほとんどです。

よって、パルティール債権回収から請求が来たからといって必ずしも支払う必要があるわけではありません。

電話連絡は危険

催告書には以下のような記載もあります。

「弊社としても一方的にお支払いを催告するだけでなく、貴殿の現況を伺った上で話し合うことにより、円満に解決をしたいと考えております。つきましては平成○年○月○日までに、貴殿の現況やお考え・ご意向を右記連絡先宛てにご連絡下さいますようお願い申し上げます」

しかし、5年以上返済をしておらず、時効の可能性があるのであればパルティール債権回収に電話するのは非常に危険です。

なぜなら、借金の消滅時効というのは5年の経過によって自動的に成立するものではなく、もし、時効期間の経過に気づかずに電話で返済を前提とした話を進めてしまうと、借金の支払いを認めたことになって時効の援用ができなくなってしまうからです。

そのため、たとえ時効期間が経過しているような場合であっても、パルティール債権回収の催告書には返済条件などの話に応じるような記載があるわけです。

時効が中断してしまう行為の代表例

☑ 電話で返済することを前提にした話し合いを進める

☑ 借金の一部を振り込んでしまう

☑ 和解書にサインしてしまう

時効の援用で借金を消滅させるには

既に述べたように借金の時効が自動的に成立することはありません。では、どうすればよいのかですが、内容証明郵便などの書面でパルティール債権回収に対して時効の通知を送る必要があります。

これを時効の援用といいます。時効の援用は電話ではなく、必ず内容証明郵便などの書面でおこなってください。電話で時効だといってもあとでトラブルになる可能性があります。

時効の援用をプロにお願いするメリット

ご自分で内容証明郵便を作成して、パルティール債権回収に時効の通知をする自信がない方はお気軽にご相談ください。

当事務所にご依頼された場合、主に以下のようなメリットがあります。

時効の援用をお願いするメリット

☑ 確実に時効の援用をしてもらえる

☑ パルティール債権回収からの直接請求が止まる

☑ 時効の条件を満たしていない場合は分割和解の代理交渉も可能

☑ 裁判所に支払督促が届いている場合は訴訟代理も可能

パルティール債権回収は請求を放置していると、自宅まで取り立てに来たり、裁判所に支払督促という裁判手続きを起こしてくることがあります。

しかし、ご依頼された場合は自宅訪問を受ける心配がなくなり、もし、裁判所から支払督促が届いていても、そちらの裁判手続きを含めてすべてお任せ頂けます。

消滅時効援用サービスはこちら

遠方からでもご依頼可能です

当事務所にご来所頂くことができない方も、当事務所が内容証明郵便の発送までをおこなう内容証明作成サービスで時効の援用を代行できます。

5年以上返済をしておらず、これまでに武富士(TFK)から裁判を起こされたことがなければ、当事務所による時効の援用によって、借金の支払い義務が完全に消滅し、パルティール債権回収からの請求が止まります。

遠方にお住いのために当事務所へご来所できない方も、まずはお気軽にお問い合わせください。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、パルティール債権回収への時効実績も豊富です。

パルティール債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が1000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら