ディックファイナンス → オリンポス債権回収

ディックファイナンスの借金がオリンポス債権回収から請求される理由

度重なる債権譲渡

ディックファイナンス(現CFJ)借金を滞納したままにしていると、オリンポス債権回収から請求されることがあります。

ディックファイナンス(CFJ)からオリンポス債権回収までの変遷は以下のとおりです。

CFJ → クリバース → ラックスキャピタル → オリンポス債権回収

まず、CFJ(ディックファイナンス)が株式会社クリバースに債権を譲渡し、さらにクリバースが有限会社ラックスキャピタルに再譲渡しています。

そして、ラックスキャピタルがオリンポス債権回収に対して、借金の管理回収業務を委託したためにディックファイナンス(CFJ)の借金を滞納しているとオリンポス債権回収から請求が来るというわけです。

時効期間が経過している場合が多い

借金の時効期間は5年です。ディックファイナンスの件でオリンポス債権回収から請求が来ているケースでは、最後の返済が平成15年前後のものが多いので、そのほとんどで時効が成立しています。

もし、オリンポス債権回収からの請求書に「最終約定弁済期日」もしくは「最終弁済期日」という項目があれば、その日付が5年以上前かどうかを確認してください。

なお、最後の返済から5年以上経過している場合でも、すでにディックファイナンス(CFJ)から裁判を起こされて判決などを取られていると、時効がその時点から10年延長してしてしまいます。

しかし、当事務所がこれまでに見てきた同様のケースにおいて、直近10年以内に判決を取られていたことはほとんどありませんので、まずは時効を疑ってみることが大切です。

裁判所から支払督促が届いた場合

オリンポス債権回収が裁判所に支払督促という裁判手続きを起こしてくることがあります。もし、地元の簡易裁判所から支払督促が届いた場合は、絶対に放置してはいけません。

もし、支払督促を放置してしまうと、たとえ時効期間が経過している場合であっても、相手の請求が認められて時効が中断してしまうのでご注意ください。

支払督促は受け取ってから2週間以内に異議申立書を提出しなければいけません。なお、異議の申し立てをした場合は、支払督促から通常の裁判手続きに移行されます。

当事務所にご依頼された場合

5年以上支払いをしていない場合でも、そのまま放っておいてはいけません。時効期間が経過しているからといってそのままにしていると、自宅まで取り立てに来ることがあります。

とはいえ、ご自分で時効の援用手続きをする自信がない方も多いと思いますので、そいういった方は当事務所にお任せください。

当事務所にご依頼された場合、すぐにオリンポス債権回収の直接請求が止まるので、書面や電話などによる請求から解放されます。

その後は時効の条件を満たしているかどうかを調査して、当事務所が確実に時効の援用をおこないます。もし、裁判所から支払督促が届いている場合は、そちらの裁判手続きまでお任せ頂けます。

消滅時効援用サービスはこちら

当事務所にお越しになれない方

遠方にお住いのために当事務所にお越し頂けない方でも、オリンポス債権回収への時効援用のご依頼をお受けすることができます。

もちろん、時効の条件を満たしている限りは、当事務所による時効援用によって借金の支払い義務がなくなります。

お手続きをご希望の方は、まず当事務所までお電話でお問い合わせ頂くか、オリンポス債権回収から届いた請求書をLINE、メール、FAXで送って頂きます。

時効の可能性があると判断した場合は、内容証明郵便の発送までを当事務所が代行いたします。これにより、オリンポス債権回収からの請求が一切なくなり、借金の支払い義務が完全に消滅します。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、オリンポス債権回収への時効実績も豊富です。

オリンポス債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

いなげ司法書士・行政書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が1000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら