エムアールアイ債権回収の「強制執行予告通知」

エムアールアイ債権回収から「強制執行予告通知」が届いた場合の対処法

丸井グループの債権回収会社

エムアールアイ債権回収は丸井グループのサービサーです。そのため、エポスカード、ゼロファーストの利用代金を滞納していると、エムアールアイ債権回収から請求を受けることがあります。

なお、スルガ銀行からの借入れの場合もあります。

すでに判決を取られている場合

強制執行予告通知には「弊社といたしましては、貴方様との話し合いによる円満な解決を望んでおりますが、このまま放置されますと、管轄裁判所から出された判決又は仮執行宣言付支払督促に基づき、貴方様に対する強制執行手続き(不動産・動産・給与等)を取らざるを得ません」との記載があります。

このようにすでに判決や支払督促が確定している場合は、時効がその時点から10年延長されてしまいます。よって、直近10年以内に判決などを取られている場合は時効にはなりません。

その場合、支払義務があることになるので、もし、分割で支払うことができるのであれば、エムアールアイ債権回収と分割和解をすることになります。

判決から10年以上経過している場合

判決や支払督促を取られてしまうと時効がその時点から10年延びてしまいますが、すでに10年以上が経過している場合は時効の可能性が出てきます。

よって、もし10年以上前の判決や支払督促であれば、時効の援用手続きを取ることで支払い義務を消滅させることができる可能性があります。

その場合は、エムアールアイ債権回収への電話は控えてください。時効の可能性があるにもかかわらず、分割和解の話をしたりすると債務の承認となって時効が中断してしまうのが原則だからです。

当事務所にご依頼された場合

ご依頼頂いた場合は、当事務所が時効の条件を満たしているかどうかを調査します。

その結果を踏まえて、すでに判決などを取られていて、まだそこから10年経過していない場合は、エムアールアイ債権回収との分割和解交渉を当事務所が代わりにおこないます。

これに対して、すでに判決から10年以上が経過していて、時効の条件を満たしている場合は、当事務所が確実に時効の援用をおこなって、借金の支払い義務を消滅させます。

なお、いずれの場ご依頼直後からエムアールアイ債権回収からの直接請求が止まります。これにより、電話や書面による請求、職場への連絡、自宅訪問による取り立てから解放されます。

消滅時効援用サービスはこちら

時効の可能性はあるが遠方でご来所できない場合

すでに判決から10年以上が経過しているため時効の可能性があると思われる場合でも、遠方にお住いのために当事務所にお越し頂けない方は、当事務所が内容証明の作成と発送までを代行する内容証明作成サービスをご利用ください。

こちらのサービスでも、判決や支払督促を取られてからすでに10年以上が経過しており、直近10年以内に一度も返済をおこなっていない場合は、当事務所が作成する内容証明郵便による時効の援用によって、借金の支払い義務が一切なくなり、エムアールアイ債権回収からの請求も止まります。

内容証明作成サービスはこちら

お問い合わせ

当事務所はこれまでに4000人を超える方の借金問題を解決しており、エムアールアイ債権回収への時効実績も豊富です。

エムアールアイ債権回収から請求が来てどうしてよいかわからない場合はお気軽にご相談ください。

千葉いなげ司法書士事務所

お電話 043-203-8336(平日9時~18時)

LINEで無料相談されたい方は「友だち追加」をクリックしてください

友だち追加

LINE相談のご利用件数が1000件を突破しました!

業者別の対応

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら