任意売却のメリット

売主と債権者にとって、競売よりも任意売却の方がメリットが多いです

一番のメリットは、任意売却の方が競売よりも一般的に高く売れるという点です。

競売の場合、鑑定価格より3~4割減少した価格が売却基準価額となり、これを基準として入札していきます。

場合によっては、高額で入札されるかもしれませんが、不確実です。

 

もし、売却後に自己破産をするのであれば、正直、高く売れようと売れまいと、残った住宅ローンの額に関わらず免責になれば、支払義務がなくなりますので、所有者には影響ありません。

 

しかし、売却後も破産せずに、残ったローンを支払っていく予定であれば、少しでも高く売っておいた方が、その後の負担が軽くて済みます。

 

よって、売却後も破産をする予定がない場合には、競売よりも、より高く売れる可能性がある任意売却の方が適しているといえます。

また、任意売却は債権者の同意を得ておこなうため、返済が困難になって家を手放したことを債権者はよく分かっていますので、任意売却後の残債務の返済についても、債権者が柔軟な対応をしてくれることがあります。

なお、競売の場合、裁判所の調査や近所に聞き込みに来ることがあるので、近所に競売になっていることを知られる可能性がありますが、任意売却は通常の不動産売却と同じで裁判所の人など来ません。

 

よって、周囲に競売になったことを知られたくないのであれば、任意売却を選択した方がよいと思います。

 

ところで、任意売却特有のメリットの一つで忘れてはいけないのが引っ越し費用です。

 

競売では、買い手が見つかってしまうと、最終的には強制的に家を出ていかなくてはなりません。

 

しかし、任意売却であれば、通常の売買と変わりませんので、引っ越しのスケジュールもある程度調整を付けることが可能です。

 

そして、その引っ越し費用についても、仲介業者が売却代金の中から20~30万円程度を取っておいてくれることがあります。

 

もし、引っ越し費用の一部を売却代金で賄うことができれば、再スタートも切りやすいので、この点も任意売却の魅力です。

 

ただし、引っ越し費用は必ずしももらえるわけではないので、過度の期待は禁物です。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら