売却後の支払いと引っ越し費用

任意売却をしても、売却金額が住宅ローンの残金に満たない場合がほとんどです。

 

もちろん、売却代金が住宅ローン残金よりも大きければ、任意売却により住宅ローンは完済になるので、それで住宅ローンの支払いは完了です。

 

これに対し、売却代金が住宅ローンの残高よりも下回る場合が問題です。

 

では、そういった場合、売却後の残金はどうなるのでしょうか?

 

もちろん、支払わなければいけないことに変わりはありません。

 

残金が少額で手持ち資金で一括で支払えるのであれば、特に問題にはなりません。

 

しかし、住宅ローンの残金が数百万円も残るのであれば、残った借金をどうするか考えなければいけません。

 

残高が数百万円もあれば、いっそのこと自己破産をしてしまった方がよい場合が多いです。

 

また、自己破産をせずに個人再生を選択することもあり得ます。

 

さらに、売却後の残金が、少額であれば保証会社もしくは債権回収業者(サービサー)と話をして、分割払いで支払うといった話をすることもあります。

 

なお、相手がサービサーの場合は、少額の分割払いに応じてくれる可能性があります。

 

それは、サービサーは額面どおりの金額で住宅ローンの残金を買っていないからです。

 

ただし、実際に額面を下回る金額の分割返済に応じてくれるかどうかは、ケースバイケースなので下手に期待しない方がよいでしょう。

 

いずれにせよ、任意売却をしても住宅ローンが残れば、その支払義務も残るということになります。

 

ところで、任意売却では競売と異なり、引っ越し費用がもらえる場合があります。

 

金額は、およそ20万円前後といわれています。

 

しかし、必ずしももらえるわけではなく、もらえる場合があるに過ぎません。

 

よって、任意売却といっても、将来の退去に備えて引っ越し費用の積み立てはしておくのがベターです。

 

なお、競売では買い手が付けば、最終的に強制退去になりますから、当然ではありますが、引っ越し費用は全額自己負担となります。

 

引っ越し費用がもらえそうかどうかは、事前に仲介業者に相談してみるといいでしょう。

お気軽にお問い合わせください

受付時間:平日9時~18時
電話番号:043-203-8336

メールでのお問い合わせはこちら